2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォトアルバム

LINK

  • http://www.magma-athlete.com/
  • KYOTO旅TRAIL RUNNING
    KYOTO旅TRAIL RUNNING

    Lafuma
    Lafuma

    VAAM
    VAAM

    Newton Running
    ニュートンランニング

    サクセスランニング
    サクセスランニング

    グリーンフーズジャパン
    グリーンフーズジャパン

    2XU
    2XU

    New-HALE New-HALE


    CEEPO CEEPO

    honeyplus honeyplus

最近のトラックバック

PARTNER

2016年9月 8日 (木)

魔法のランニングメソッドメールLabo(メルマガ)

年内にスタート予定の、

~ランナーの為の、身体も心も元氣にし、全てのパフォーマンスを引き上げる魔法のランニング術が学べる~

魔法のランニングメソッドメールLABO

↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑

無料購読予約はコチラから。

走ることを通して、希望溢れる未来を創る

ため、日々配信していきます!!

2016年9月 6日 (火)

11/27第9回京都・秋の紅葉トレイルランニングwithきむかつコーチ

~自然と愉快な仲間が産み出すワンダーランドが、あなたの輝く可能性を呼び起こす~

“新”京都・秋の紅葉トレイルランニングwithきむかつコーチ”

13087621_1018272748257624_871159969




日時:2016年11月27日(日)



近所の公園や河川敷で、元氣に遊んで、走りまわる子供達の様子を観ていると、どれだけのエネルギーに満ち溢れてるのかと驚くのと同時に、自分たちも子供の頃には1日中、エンドレスに遊び、走りまわっていたことも時々思い出してしまいますよね!


...

ところが、近年のマラソンブームで数多くのランナーを見かけるようにはなったのだが、この中で一体どれ位の割合の人が、時の充実感を味わい、楽しさや可能性、氣持ち良さを感じながら走っているのだろうか・・



もちろん、中には好きなように自由に、遊びまわるように走っている人もいるでしょう!

しかし一方で、義務感で、恐怖心で、数字や何かに追われるように走っている人も多いのではないだろうか?



いつから、そんなふうに走るようになったのでしょうか?



この違いは、ほんの僅かな違いなのかもしれません。



あなたは覚えていますか?

走り始めた時は、段々出来るようになる自分に自信がもてるようになり、可能性がいっぱい膨らんで、一緒に居てくれる仲間がいるからガンバれる力をもらうことが出来て。

マラソン大会に初めてチャレンジしたドキドキ感も、終わった後に味わう達成感も、本当に幸せな想い出で・・



そんな走り始めた時の自由な楽しさや喜びと、子供の頃に1日がアッと終るような、もっと遊びまわっていたいと思えるような空間を体験して頂きたい・・

そういう想いで、あなたに是非お奨めしたいのが、9年前に初開催し、その後数々の人達の笑顔と感動、可能性の発掘を産み出し続けている「京都・春のトレイルランニング」イベントです!(約30km)

13082692_1018273238257575_173741375






愉しむこと、遊び心いっぱいの仲間達と、新緑溢れる瑞々しい香りのするトレイルの中で、時には激坂がしんどく苦笑いし、その直後には妖精の居そうな森のトンネルを絶叫しながら皆とかっ飛ばしたりして・・、

まさに、自然と仲間が産み出すワンダーランドが待っています♪


13094154_1018272911590941_522513188






「めちゃめちゃ愉し過ぎました♪必ず次回も参加します!

「ふかふかのトレイルと、途中でサポート頂いたエイドでの食事の美味しさが忘れられません!」

「途中から足が痛くなってきたんですけど、やっぱ仲間の力強い声と、サポートランナーさんの励ましのお蔭で、最後まで行くこともできたし、終始楽しめました!本当に感謝しかないです!」



といった声や、



「自然のなかにいると子供の頃裸足で裏山など駆け回っていたことを思い出し懐かしくなります。

また、季節の移ろいを感じ、春は梅、桜、ツツジなどか咲き楽しみです。川の流れる音、鳥のさえずり、緑の濃さ(北海道は薄いんです)日本に四季があってよかったと感じる時です。

それに、不整地のトレイルだと硬い股関節がいつの間にかほぐれていることやロードよりも走行時間が短く感じられます。足元緊張しながらもリラックス感があり、なにより今、生きている実感が得られます。

これからも宜しくお願い致します。」(A.M様)

13096103_1018273488257550_880946548





「トレラン30kmチャレンジして来ました
めっちゃめちゃ楽しかった〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

最後700mと聞いた時は、えー?もう終わり!って寂しくなりました(T_T) 下りの時の鳥になった気分が最高です(≧∇≦)
山の中の空気、土、根っこ、光、葉っぱ、実、落ち葉の絨毯、木々、枯葉のカサカサした音、暗闇、全てのものが、いとおしいですありがとう。

一緒に走った仲間が優しくて楽しい人たちばかりで、ずーっと笑って(上りのきつい時は真顔(笑))8時間があっという間でした
昨日同じ時間を過ごした皆さん
本当にありがとうございました(≧∇≦)�
また行きたいでーす\(^o^)/

太ももと足の付け根と腕が筋肉痛ですが、今朝もウォーキング30分行きました(笑

2回目のトレランで30km完走出来たのは、きむかつコーチをはじめサポーターの方々の温かいご指導と応援のお陰です。ありがとうございましたm(_ _)m」(K.M様)





等といった、参加者の方々からの声が、とても嬉しいです

13091916_1018273174924248_478481232





ぜひ、この自然と仲間が産み出すワンダーランドへお越しください!


一度体験したら、走ることの本当の楽しさ、生きること、自然の偉大さ、人生の面白さを実感して頂けることでしょう!

【自然の空間を走ることを通して、喜びと感動を共有するコミュニティ】


また、以前は50~60名でのイベントにしていましたが、周囲への配慮や、参加者の方々の安全性向上の為に、定員を25名限定にしております。先着募集としますので、

お早めに申込みしてください!!


<開催日時>
2016年11月27日(日)
<集合・スタート地点>

集合場所 :鴨川デルタ(鴨川・高野川の合流地点、三角州)

叡山・京阪電鉄「出町柳駅」より西へ徒歩2分

地図URL: http://yahoo.jp/mZJtui

8:00~ 受付開始

17:30~18:00頃 トレラン終了 伏見稲荷神社

18:30~21:00頃 懇親会

<シェア懇親会場所>

ももじろう龍大前店

※きむかつコーチも参加者の皆様との語らいを楽しみにしています。

この会の時間が、充実度、達成感、満足感を更に200%に引き上げてくれます♪可能な方は、出来るだけご参加ください。

<距離&コース>

約30km

出町柳~大文字旧道・古道トレイル~大文字山山頂~如意ヶ岳~小金塚エイド(12k)~琵琶湖疏水~日向神社(18k)~将軍塚エイド(20.5k)~泉涌寺エイド(25k)~伏見稲荷神社内

 <参加費>

8,888円

 2015年秋・2016年春のトレランイベントお申込みの方は7,777円

申込みはこちらから:申込みフォーム
募集要項は、サクセスランニングから

2016年9月 5日 (月)

大阪マラソンへの道2016

今年も、

大阪マラソンへの道2016   ⇦ここをクリックすると観れますeye

が始まりましたannoy

376_2

毎週日曜日に更新されますdash

私は次回(9/11)から登場しますup

お楽しみに~new

14079522_1084813921603506_997832378

2016年9月 3日 (土)

「今、感謝していることは何ですか?」

向かい風の時は、暑くなくて有り難いと感謝する。

雨の時は、恵みの雨と感謝する。

...

猛暑の太陽の下では、熱いエネルギーを頂いていると感謝する。

質問の質が人生の質を創る。

物事の解釈が、心の状態を創る。

今、感謝出来ることは何か?

今、起きていることの素晴らしいことは何だろうか?

13668677_1071624599589105_149628435

2016年9月 1日 (木)

なぜ、フリーターから、理事長になることになったのか?

0408kimukatu_271

私の20代の頃の職は?

と聴かれたら、

「フリーターでした」

と答えています。

なぜ、フリーターだったのか?

しかも、

25歳で結婚しましたから。。

私は18歳の頃に、岐阜から京都に進学の為に引越してきて、

ある意味憧れの関西での1人生活を始めました。

中学からの友人の影響で、トライアスロンを始め、

世界の基準を間近で感じさせて頂いた師匠と出逢い、

大学3年終了と共に休学。

栃木県黒磯市の那須高原のトライアスロンチームのエリート選手に交じり、練習生として1年間修行生活を味わいました。

それまで、夢が明確でなかった私は、周りの選手達の基準に巻き込まれ、自分も上を目指したいと想えるようになってきました。

本当に遠い目標だが、オリンピックを目指したいと想った。大学4年、卒業時も、就職することもなく、トライアスロンに励みました。

決してプロになりたいからではない。

追求することで、何があるのだろうか?

追い求めるのは、ただそれだけでした。

0408kimukatu_097

仕事に関しては、「仕事」って何?

色んなバイトをしながら、仕事とは何かを探していたのだと思います。

鍼灸師になったのは、自分が受けた際に喜びと氣持ち良さを感じ、

人に喜ばれるシゴトをしたいと思ったから。スポーツをずっと行ってきたので、

身体のことについて関心もあったからです。

そして、何となく、自分で独立したいという氣持ちがあったから。

独立後に、たまたま「フルマラソン達成のコーチ」依頼を受けることになりました。

心理学や脳科学を含めたコミュニケーションやコーチングも学んでいたので、

その人の日常や人生に活かせるコーチングをしたいと思ったのです!

当時は、「ランニングコーチ」という職はほとんどない中、

今考えると、とってもオリジナルな面白い教え方をしていたと思います。

でも、それが「きむかつコーチ」の原点。

ある時、某大学トライアスロン部の為の合宿を行い、

それまでセルフイメージの低かった学生たちが、

たった2日の合宿の最後には、

「俺たちも、できるんだ~!!」

と、全員で、勿論私も含めてハグをして涙して、喜びと感動を味わう合宿を行えた時、

「いま、もし人生が終わったとしても悔いがない!」

と感じられる、本当に幸せな志事ができたのです。

人を教えること、コーチングってスゴい!!

そこから、「きむかつコーチ」が本格的に始動!

走ることを通じた、自己成長・人との繋がり・チャレンジによる氣づき・周囲へ貢献すること、に焦点を充てることの出来るコミュニティ造りをしてきました。

 

1234973_652347924850110_70238622118

その経験を基に、大学・高校での講義、企業研修、リーダー研修、福利厚生イベント、栄養士向け講座、歯科医院における健康セミナー等、社会の幅広い層の人に向けた価値の発信を行うことができました。

昨年から、よしもとクリエイティブエージェンシーとも契約し、芸能とスポーツを通じた社会貢献活動を行っているが、それも「スポーツ選手のセカンドキャリア問題」を解消するための、架け橋とするための活動です。

多くのスポーツ経験者が、業界の内側にしか価値を発信できない人財が偏っているため。

というのか、価値の産み出し方が分からないのだと想うのです。

そもそも、学校教育や日本という国全体の視点が、全体的に狭いからでしょうね。

教わらなかったから解らないのです!

そういう日本の状況を打破する為に、

今年度より「一般社団法人 日本ランニングファシリテーター協会」を立ち上げました。

「走ることを通して、希望溢れる未来を創る」(理念)

 

長時間だからこそ数々の障壁を乗り越えながら、諦めずに走り続ける長距離走。それは、レースのみならず、日頃からコツコツと自分の弱い面と対話しながら、継続的に自分の状態を引き上げる為に努力し続けることでしか、成果には現れないシンプルで、単純明快なもの。

さらに、トライアスロンやトレイルランでは、自然の環境で大きく左右する要素も加わり、複合的な難しさを乗り越える必要がある。

それは、リーダーとしての大事な経験値であるといえる。

「走ることを通じて得られた経験を活かし、

志事にする夢と情熱をもったリーダー達を養成し、

社会全体に喜びと感動を産み出す仕組みを創ること」(ミッション)

0408kimukatu_164

これまでを振り返り、

自分自身もとても楽しみながら、ビジョンを実現してこれた要因は3つ

1、ワクワクを追求し、まずは行動から始めること

2、行動から得られた氣づきを参考に思いを明確にして、外へ発信すること

3、基準が高く、自分の内側の氣持ちを語れる人と時間を多く造ること

 

「走ることを通して、希望溢れる未来を創る」

日本ランニングファシリテーター協会

2016年8月31日 (水)

第2回京都丹波トライアスロン㏌南丹大会 ハイライト 


YouTube: 第2回京都丹波トライアスロンin南丹大会ハイライト

元氣全快100倍体操♪(第2回京都丹波トライアスロン㏌南丹大会バージョン)

今回も、元氣に行いました!

レーススタート前の、「元氣全快100倍体操」annoy

気温、水温が予想以上に低い状態でしたので、

しっかり身体を温めること、

心と身体を解すこと、

を目的に、皆さんの笑顔が沢山増えるように、やりましたup

今回も無事故で、沢山の方々の感動のシーンに立ち会えて、

MC、トークショーファシリテーター、体操のお兄さん

として参加して良かったですnotes


YouTube: 元氣全快100倍体操♪(第2回京都丹波トライアスロンin南丹大会バージョン)


2016年8月26日 (金)

9/17 大阪梅田 ランファシ〇わかり事業セミナー

13880380_1049977395057708_883097980

※今回は、(9/17)大阪・梅田 協会事業・認定講座の説明会の募集となります。

~走ることを通して、希望溢れる未来を創る~
一般社団法人 日本ランニングファシリテーター協会が、6/29に設立しました。

当協会のベースとなる講座が、10~11月にスタートする  「ランニングコミュニケーター養成講座」です。


取得資格名は、
「ランニングコミュニケータ-®認定コーチ」

ランニングコミュニケーターとは、...
走ることと、コミュニケーションを通して、
人に喜びと感動を与えることの出来る専門家を養成できる講師のことである。



初回となる1期生は、
一氣に「講師」(先生)としての活躍を希望する方のみ、
短期間講座で、限定人数の募集となります。


「ランニングコミュニケーター認定コーチ短期養成講座1期生を、京都・東京で、限定30名のみ募集します」



~自分自身のランニング経験を活かして、もっと社会の役に立ちたいと想っているスポーツインストラクターの方へ


ランニングコミュニケーター認定講師養成講座をマスターすると、あなたの周りに沢山の笑顔が溢れるようになり、笑顔でやりがいがある日々を楽しめるようになります。





2007年東京マラソン以来、日本では空前のシティマラソンブームになり、それまでと比べて、マラソン完走のボーダーラインが約2時間下がった。それに伴い、これまでは走ることに抵抗のあった、長距離走へに苦手意識や好まなかった人達が、気軽に走り始められるようになったのだ。そして、諦めなければゴール出来る設定のお陰で、多くのニューフェイスが自信をもてるようになり、達成感と充実感を感じ、更なる高みを目指そうとする。しかし、そこで壁にぶち当たる。レベルアップを望むようになった、ニューフェイスランナーが門を叩くランニングクラブのほとんどが、速く走ることを第一とした考えで、皆のペースに付い ていけなかったり、迷惑をかけてるのではとネガティブな感情になったりして、走り始めて実に2/3の人が、半年以内に辞めてしまうという統計が出ているのが現状である。




●ランニングコミュニケーターの強み: 

運動×コミュニケーション×教育


一方、この講座では、コミュニケーションを通して、笑顔にしたり、良いイメージ作りをすることの出来る専門家を養成していく。

笑顔は、心を開き、ポジティブにして、身体をより高いパフォーマンスにするカラダの使い方でもある。

受講者の笑顔の数が圧倒的に多い講座は、皆が楽しく出来て、スキルアップもして、成長出来て、人間関係も良くなる。

楽しいイメージがあれば習慣化出来て、結果も出るようになる。

また、セルフイメージを引き上げ、自信を持てるようになる。

考え方も学び、実践力をつけるのえ、仕事やプライベートでも活かすことが出来る。

ランニングとコミュニケーションを切り口として、人財教育をし、社会で活躍するリーダーを輩出する講座である。


●説明会の開催
7~9月に、東京、京都、大阪で各数回ずつ、協会・認定講座の説明会を開催します。

※早期割引参加費 3000円
(開催日1週間前までの申込)

 一般参加費 5000円
 当日払いになります。

 短期養成講座に申込された方は、
 受講費から参加費分offになります。

定員:大阪・梅田 6名

●説明会日程
<東京会場>
8/21(日)15:30~17:00 神田駅前ホール(受付終了)
8/21 (日) 18:30~20:00 神田駅前ホール(受付終了)
8/24(水)15:00~16:30 神田駅前ホール(受付終了)
9/10 (土) 18:45~20:15 間もなく募集


<京都会場>
8/9(火)19:00~~20:30 職員会館かもがわ(受付終了)
8/18(木)14:30~16:00 職員会館かもがわ (受付終了)
8/27(土)10:00~11:30 職員会館かもがわ(募集中)

〈大阪梅田会場〉
9 /17(土) 18:45~20:15 大阪市立生涯学習センター(募集中)

・ランファシ〇わかり事業セミナーの申込みフォームは
コチラ⇒http://runfaci.jp/contact/index.html


●ランニングコミュニケーター認定コーチ短期養成講座
募集専用ページはコチラ⇒http://runfaci.jp/
・facebookイベントページはコチラ



●講座対象者

・陸上競技の経験があり、人に教える経験を持っているが、それを上手く活用できていないので、もっと社会の役に立つシゴトをしたい方。

・様々なスポーツ経験があり、人前で話すことは慣れているが、将来の経済的なことを考えると不安があり、もっと遣り甲斐と使命感、可能性を感じるシゴトをしてみたい方

・ランニング・マラソン経験は長く、医療系の職種で身体に対する知識も備えているが、本当にやりたいことなのかが判らず、もっとビジョンに溢れた、社会の役に立つことがしてみたい方


※この講座では、ランニングのスキルアップを教える講座ではありません。ご自身のスキルアップの為や、各種ドリルを學ぶ講座は別講座なので、お間違えないようにしてください。ランニングのスキルアップ講座は、認定講師向けの専科講座として別途開催予定です。

※走ってきた経験者であることが前提となった講座カリキュラムとなります


※本氣で講師になりたい、社会の役にたてるようになりたい、と思っている方のみお越しください。






〈講師紹介〉
・木村克己

一般社団法人日本ランニングファシリテーター協会理事長

コミュニケーションを通して、誰でも走ることを楽しくさせることの出来る専門家。

ランニングとコミュニケーションを組み合わせ、人に喜びと感動を与えるコーチングでは日本一。

学生時代から始めたトライアスロンにおいて、オリンピックを目指し、日本選手権や世界選手権等を経験した後に、不慮の事故で足に後遺症障害を遺す。そこから這い上がり、元々苦手な山を克服し、ヨーロッパアルプス200マイル(300km以上)のレースにチャレンジして完走するといった経験をもつ。

また、開業鍼灸師でもあり、オリンピック代表選手が所属するチームのトレーナーとして、国際レースでのメダル獲得サポート経験をもつ。

プロコーチとしては、10年間で3000人以上のクライアントのサポートをし、2015年からは、よしもとクリエイティブエージェンシーと契約を交わし、お笑い芸人とコラボしながら、新たな価値を創造し続けている。

2016年より、一般社団法人 日本ランニングファシリテーター協会を設立。希望溢れる未来を創ることを理念として掲げ、

走ることを通して、ライフワークを志事にするエネルギー溢れたリーダーを2025年までに、10,000人養成することをコミットしている。





〇魔法のランニングレッスン実績 

 約10年間で3000人




○推薦文

・木村克己コーチと出会ったのは、30才を過ぎた頃。ランニングを始めた私は右膝に痛みが出ました。学生時代に靭帯を切り、何度も手術した膝でした。木村コーチがくれた簡単なアドバイスを意識して走ったところ、なんと、痛くない!
 それから10年、フルマラソン、100kmマラソン、アイアンマンを完走し、小さな大会では表彰台にも登れるなんて!
 木村コーチは運動のスキルだけでなく、勇気と楽しさも教えてくれます。新潟から京都は遠いですが、今でも迷った時はセッションをお願いし、その度に大きな発見があります。私の実践する医療にも、コーチに学んだことは活かされています。

   (医師 「予幸医学のすすめ」著者  石井仁平)


・子供の頃からマラソンが嫌いな自分。
トライアスロンをチャレンジすると決め、知人からの紹介でスグに出逢えたのがキムカツコーチ。たった数時間のトレーニングで魔法に掛かったように走る事=楽しい事に変換されトレーニング自体が楽しみに変わりました。
キムカツコーチは相手の心に寄り添いプラスの価値変換へと誘う力があると感じます。
キムカツコーチが側にいるだけで自分の中の潜在的POWERを引き出してもらい宮古島ロングトライアスロンを含め、練習不足にも関わらず全てのレースを完走できました
キムカツコーチと出逢うことで、その人本来が持ち備えている力を発揮して、人生を輝かせる人が増えて欲しいですね。
ランファシは、そのメソッドが体系化されているので、キムカツコーチの様な良きトレーナーが増え、そのトレーナーと関わることでより多くの方の人生が輝かしい事になることを期待しております。
     (有限会社 さくら 代表取締役社長  櫻井智之)


スポーツを一緒に楽しむ、
同じ目標に向かって頑張る仲間はただの友人以上にかけがえのない仲間かもしれません。他人との競争ではなくそれぞれが自分の目標に向かって努力しそれを達成する。
また仲間の目標達成を応援してそれに少しでも貢献する。
その過程で仲間との繋がりを深め、自分に自信を持つことができました。
また自分の弱さも思い知り、謙虚になることもできました
そのような経験を通して人間的に成長することができましたし、
その数年の努力の過程を見ていた診療所のスタッフもみんな応援してくれて、
アイアンマン完走のときは自分のことのように喜んでくれました。
このような経験をサポートしてくれるコーチが増えることは、人との繋がりを深め自分に自信が持てる人間を増やし、人々の健康にも貢献し、数え切れないほどの価値があると思います。

真鍋秀樹    
東京医科歯科大学卒  水天宮前歯科医院院長
きむかつコーチ主宰 アイアンマン育成塾「チームフルアウツ」所属







1.僕は実際に指導して頂いて走りの概念が変わりました。走るということは身近なことで子供の頃からやっているのでわかっているつもりでしたがやはりプロの方に教わると全然違いました。走る楽しさや走ることで得れること沢山学びました!実際、怪我の影響で長い距離を走ることができなくなっていたのですが指導を受けて長い距離も走れるようになり、また人生の中で走る(趣味や健康のため)という選択肢が増えたことは本当に有難かったです。

2.自分は運動に向いてないからとか走るのが楽しいと感じれない方にオススメです。

3.走ることで得れることは沢山あると思います。健康はもちろん、走ることで体の血行がよくなり脳の働きも良くなると言われています。走っているときはネガティヴな発想にはなりません。考え方がポジティブになります。協会を通じて走る方が増えポジティブな人間が増え人生を楽しむ方が増えて良い世の中になって欲しいです。

(お笑い芸人、タレント、よしもとクリエイティブエージェンシー所属、 麒麟 田村裕)





○この講座の内容も含む、

運動を絡めた【リーダーシップとコミュニケーション】という講座は、同志社大学や京都産業大学等の教育機関における特別授業としてや、社会福祉法人、百貨店の高島屋や、日本ゴム産業労働組合連合会等でも、毎年企業研修として採用される等、社会の幅広い範囲で必要とされている内容である。

〇0期講座実績  

 計4回27名参加


〇0期受講者経歴
 
 元世界陸上代表マラソンランナー、元実業団トライアスリート 元大学陸上競技長距離ランナー、健康運動指導士、フィットネスクラブインストラクター、看護師、助産師、ノルディックウォークインストラクター等。



〇受講後の変化の声

・この4月から新しい仕事・志事がスタート!
昨年からプロコーチ塾で学んだことも大きく影響して、これからの人生、仕事について考え、ご縁があって新しく人生をスタートすることができました。
今、職場では「〇〇コーチ」と呼ばれています。
フィットネスクラブのコーチとして、毎日多くのメンバーさんと一緒に体を動かしています。
ただ「見るのとやるのと大違い」で、
人が指導するのを見ていてわかったつもりでも、それを実際に自分が指導するのは本当に難しいと感じています。
目の前のメンバーさんの話をしっかり聞きつつ、限られた時間の中で、いかに接するか!まだまだ覚えることも盛りだくさんで、必死の毎日ですが、
「仕事に行く」という感覚がまったくないという不思議な状況です。
「体が変われば心が変わる、心が変われば毎日が変わる、毎日が変われば人生が変わる」
こんな理念が掲げられているクラブでコーチをしているのも、
やはりプロコーチ塾で「走る」ことを通して、多くのことを学び、考えた結果だと思います。
     (40代女性 スポーツクラブ インストラクター)


・先日もありがとうございます。
毎週、魔法の3ステップの練習を続けています。
それに、加え仕事でプレゼンなどするときは、どんな人になにをつたえるかのシュミレェーションするようになり少しつづですか自分の伝えたいことか、明確になってきました。
今は、この前学んだ、人の話を聞きうけいれることによって、ひとを笑顔にすることに意識しています。
来週、1人でも多くの人が、夢と感動のワンダーランドを感じていただけますよーに!

           (40代男性 市民ランナー、営業職)



表情が豊かで笑顔でいることで、周りの人との関係性が一瞬で変化することを実感できました。毎日、人と接するのがわくわく楽しくなっています。またリラックスした状態だと傾聴しやすくなり、相手の伝えたい本心に近づける等、即実践できる内容でした。
自分のリーダーは自分
時間を重ねる毎に、具体的な目標は進化していくと思いますが、この養成塾を受けたことで、今まで気づかなかった知らなかった自分に出逢えました。
ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。

    (50代女性 ノルディックウオークインストラクター)


・受講後の変化は、コミニュケーション能力の向上。何について話すかが、1つでも頭の中にすぐ浮かぶように意識する事で、大勢の前で話す事が怖くなくなってきた事。

           (30代男性 市民ランナー、研究職)




〇商標登録
・ランニングコミュニケーター(出願) 第41類
・ランニングファシリテーター(出願) 第41類
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

顧問として、一般社団法人眞願サポート代表理事の八尾彰一氏が就任。

数々のオリンピアンやトップアスリート、子供達までを、スポーツを通して、社会に貢献出来る人財を育成するトライアスロン界のカリスマ的な存在。チームブレイブの監督、日本体育協会認定トライアスロン指導者でもある。



また、芸能界や、メディア関係等、専門ショップ、 大学等の教育機関とも連携していく予定。




・ランファシ〇わかり事業セミナーの申込みフォームは
コチラ



・ランニングコミュニケーター認定コーチ短期養成講座
募集専用ページはコチラ

・facebookイベントページはコチラ



【主催者】
一般社団法人 日本ランニングファシリテーター協会事務

<申込先>
office@runfaci.jp

※ 必要事項として、①お名前 ②職業 ③ランニング歴 ④ 当協会の何に共感するか?興味があることは何か?
⑤携帯番号 ⑥メールアドレス  を本文に記載の上、タイトルに「9/17 大阪梅田 協会事業セミナー参加希望」と入力し、送信してください。遅くとも、2~3日中には返信メールを送ります。

2016年8月25日 (木)

私が、トレイルランをやるようになった理由


YouTube: Running Is Life,Making Happiness!!(byきむかつコーチ)

94年に京都に来て、大学に入学。しかし、始めようと思っていたトライアスロンのクラブがない!!(友人の勧めで、自転車競技部に入部)

地元で調べていたトライアスロンクラブがあったので、そこへ入会。

その所属クラブが「東山三十六峰マウンテンマラソン」という、現在でいう「トレイルランニング」の大会を始めた。

それもあり、時々山へ入りましたが、登りは対応出来るものの、下りは全く対応できない。。一緒に走る、おじさん連中に、あっという間に置いていかれる・・sweat01

はっきりいって、好きではなかった。

03年4月宮古島での出来事。

大会前の前夜祭後、会場から帰る際、妻や仲間と階段を下りてる時に、正面から車が衝突してきた!!

足が砕け、切断を覚悟した。

2年間リハビリを続け、後遺症障害は残ったが、再び走れるようにはなった。

しかし、足はぐらつき、機能は低下し、バランスは崩れ、痺れは残存した。

だから、

嫌いだった不整地に入ることで、人間の持つ可能性を信じ、山でトレーニングすることに決めた。

06年から、たまたま依頼を受けて、コーチをするようになった。

教える立場になるならばと、絶対やりたくなかったウルトラマラソンにもチャレンジするようになった。

そして、リハビリで積極的に行うようになったトレイルランのお陰で、とても状態が改善し、様々な可能性を感じた。

その可能性を他の人にも伝えたいと思い、トレイルランを通じたイベントを始めた。

目的は、トレイルランではなく、トレイルを走ることによって感じる人間の可能性や、内的なコミュニケーション、五感の感度の開放、自然の壮大さや素晴らしさ等に氣づいてもらうため。

そんな活動を始めたら、スポンサーが付いて応援して頂けるようになり、

自らチャレンジする姿勢を示す目的で、

ウルトラトレイルにチャレンジするようになった。

決して、得意だったわけではなく、むしろ苦手だった、「ウルトラ」と「トレイル」

自分を奮い立たせるために、検索しても誰も出てこない頃に

「ウルトラトレイルランナー」

と、日本で初めて名乗ったのは私です。

実力や経験も浅かった頃に、

100マイルレースの、ウルトラトレイル・ドゥ・モンブラン(モンブラン1周の約160kmのレース)や、

イタリアのアルプスを200マイル(約330kmのレース)を150時間以内に走破するトルデジアンも走り、ゴールしてきた。

実は、いつも怖かった。

でも、決めて、動き出すと、段々決めた目標に近づいていく自分を感じていた。

レースとはいえ、

人と競うなんていう次元ではなく、生きて帰らなければならない、という機会を経験することで、競争やタイムなんていうことは、何てちっぽけなことかと思えてしまう。

色んな人達のお陰で、

今、自分がここにいられて、

今、生きていて、

日本にいる多くの人達のことを想いだすと、力が湧いてきて、

痛みと、眠さと、幻覚に見舞われた時も、

「もし、家族の命がかかっているとしたら、俺はここで留まっていられるのか!?」っていう質問を自分に投げかけると、どこからか再び力が湧いてきて、また前進して・・・

自然の力と比べたら、1人の人間の力なんて、本当に僅かなもので、

だったら流れに逆らうのではなく、流れを感じて、その流れに身を任せることを覚えて・・

これは、日常のあらゆることにも通じること。

ありのままで良くて、

流れを読んで、その流れをに乗って、

直観を大切にして、

適切な質問を自分に投げかけて、

1人で生きてるのではないことを感じて、

今、生きていることを感じて、

他人と競うのではなく、

自分の最適なペースで、

じっくりと 進み続けたらいい。

これが、苦手だったトレイルランを始めた理由で、

トレイルラン等のチャレンジを通じて僕が教わったこと。

”走ることを通して、希望溢れる未来を創る”

日本ランニングファシリテーター協会

http://runfaci.jp/

<ランニングコミュニケーター認定コーチ短期養成講座>

2016年8月24日 (水)

ワクワクが、いっぱい♪

Received_1090924314326829

本日まで4日の東京出張でした!

今回も、

事業セミナーから、

協会アカデミーでの勉強、

様々な方々との打合せやミーティング、

と、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

今日も2件の打合せ等がありましたが、

明らかに今までの規模とは違う拡がりを感じ、

ワクワク感でいっぱいです!

自分でいうのもなんですが、

私はとても素直なのかな、と観ています。

良いなぁ~、面白そうだなぁ、と思えば、

まず「やる」ことを決める!

詳細は後程、ということがほとんど。

これは、スポーツを通した経験によるアプローチを含め、

人生の中で大切にしてきたことで、

だからこそ、素敵な人達との出逢いがあり、

成長出来て、楽しくやってこれたのだと思います。

これからも、その原則は一緒!

ワクワクに向かって、

愉しい人達と一緒に、

素敵な経験をしていきますよ🎵

Dsc_3525

走ることを通して、希望溢れる未来を創る

【日本ランニングファシリテーター協会】

http://runfaci.jp/

(日本ランニングコミュニケーター養成講座)